L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

仮設撤去5年でわずか10% 岩手・宮城、住宅再建遅れ(2015年3月3日 共同通信)▼ 原発避難者の切実な声知って 大阪で11日まで展示(2015年3月7日 神戸新聞)▼ 福島原発事故から4年、避難者は今(中)移住(2015年3月7日 神戸新聞)と報じています。

▼ 仮設撤去5年でわずか10% 岩手・宮城、住宅再建遅れ
(2015年3月3日 共同通信)

東日本大震災で被災した岩手、宮城両県で、5年間の集中復興期間の最終となる2016年3月末までに解体予定のプレハブ仮設住宅は約3600戸と、全体の約10%にとどまることが3日、両県への取材で分かった。津波対策で大規模な土地造成などを伴う高台移転や災害公営住宅の整備が遅れていることが要因。と報じています。

__________

▼ 原発避難者の切実な声知って 大阪で11日まで展示
(2015年3月7日 神戸新聞)

 「私たちはここにいる。忘れないで−」。東日本大震災から4年を迎えるのに合わせ、東京電力福島第1原発事故で関西に避難している人らの声を展示する催しが、大阪・梅田の阪急三番街南館地下1階で11日まで開催されている(土日は除く)。主催する震災避難者の会は「存在を知ってもらうこと」に力を入れ、さまざまな活動に取り組む。と報じています。

____________

▼ 福島原発事故から4年、避難者は今(中)移住
(2015年3月7日 神戸新聞)

あの言葉が、今も心の奥に突き刺さっている。
 「煙山(けむりやま)さんは私らを見捨てて逃げた。通所者の家族が、そう言ってましたよ」と報じている。
「地域に支えられ、地域を支えたい」と話す煙山享さん一家。福島市から移住し、引きこもり支援のNPO法人を立ち上げた
と報じています。
<yy>
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback