L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

東日本大震災:福島第1原発事故 毎日新聞 2014年10月31日 避難町民の心、つなぎたい 京都の浪江町復興支援員、近畿・北陸など103世帯訪問

毎日新聞 2014年10月31日 避難町民の心、つなぎたい 京都の浪江町復興支援員、近畿・北陸など103世帯訪問

福島第1原発事故で福島県浪江町から近畿や北陸などに避難した全103世帯を訪問し、ばらばらになった町民をつなぐ活動をする女性がいる。自身も浪江町から京都市伏見区に避難する町復興支援員の冨川牧江さん(55)だ。10月18日に全戸訪問を終え、約7割に直接会った。「希望者全員が浪江に帰還できるまで見守り続けたい」と決意を新たにしている。
浪江町は全域が避難指示区域となり、全町民約2万人が町外に避難、うち約6000人が県外で暮らす。と麻衣西新聞は報じています。(HH)
詳細は http://mainichi.jp/area/news/20141031ddf001040011000c.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback