L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

東日本大震災3年半:みなし仮設6割「不安」 県外避難者「供与期間終了したら…」 毎日新聞 2014年09月12日

毎日新聞 東日本大震災3年半:みなし仮設6割「不安」 県外避難者「供与期間終了したら…」

 東日本大震災や福島第1原発事故により福島、宮城、岩手3県から全国に避難している県外避難者を対象にした毎日新聞のアンケートで、回答者のほぼ半数が避難先の住居について「不安がある」と答えた。特に、行政が家賃を負担する「みなし仮設住宅」では6割が「不安」と訴えた。みなし仮設の供与期間は原則1年ごとの更新で、「終了すると生活できなくなる」などと心配する姿が浮かぶ。と毎日新聞は報じています。

詳細は http://mainichi.jp/shimen/news/20140912ddm041040085000c.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback