L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

東日本大震災:被災地の貧困「女性が深刻化」研究者が報告 毎日新聞 2014年04月23日

東日本大震災被災地の支援団体や研究者が現地の貧困問題を報告する「震災から3年被災地の生活困窮者支援を考える」(実行委主催)が23日、東京都千代田区の参院議員会館であった。福島大の丹波史紀准教授が基調講演し「被災地の女性の失業が深刻化している」と指摘。福島の子供や母親の支援を行ってきたNPOなどが、アンケートから被災地で求められている支援などについて報告した。
また、福島で子供、若者の支援を行う「ビーンズふくしま」の中鉢博之さんは、福島県外避難世帯のアンケートから「福島に残って父が働き、県外で母と子が暮らすという二重生活者が非常に多い。そうした中で生活資金の不足を抱える世帯が多く、母親たちのメンタルにも問題が出ている。子供たちに向かうケースも報告されており対応が必要だ」と話した。と毎日新聞は報じている。
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20140424k0000m040025000c.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback