L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

美味しんぼ:「誤解を」や「よくぞ」…「福島の真実」に 毎日新聞 2014年05月19日

◇鼻血流すシーンで議論に火、特集記事掲載でシリーズ終了

東京電力福島第1原発事故の影響に関する描写が議論を呼んだ人気漫画「美味(おい)しんぼ」を掲載した週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)の最新号が19日、発売された。原発見学後に鼻血を流すシーンで議論に火がつき、有識者が賛否両論を述べる特集記事で幕を引いた。3回にわたる連載は住民に何を残したのか
福島県富岡町から避難先を転々とし、福島市の仮設住宅に入る高野京子さん(32)は「これから(古里に)帰ろうとしている人がいるのにひどい。これでは福島に来ようとする人も来なくなってしまう」と厳しい。
一連の連載を「よく伝えてくれた」と評価したのは、福島市から栃木県下野(しもつけ)市に長女(6)と自主避難している女性(29)。長女は原発事故後、鼻血を出すことがあり、女性は「ストレスや体力的なことも関係しているかもしれない」と語る一方、「放射性物質と関係ないと言い切れるのだろうか」と不安を訴える。と毎日新聞は報じている。
http://mainichi.jp/select/news/20140520k0000m040092000c.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback