L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「関西の避難者向け公営住宅の入居期限」12月調査結果

●●避難者と支援者のみなさんへ●●●
生活保護、一般入居、有償入居、ヒヤリング、呼び出し、
退去誓約書へのサインなど 何度も何度も自治体から進められて
どう返答していいかわからないという相談が増えています。
お困りの方は遠慮なくご連絡ください。
[まるっと西日本]3・11避難者住宅情報センター
 070・5346・9311


支援者のみなさんは、みなさんのお知り合いの方にそんなお悩みを
抱えている方がおられましたら私たちへつないで下さい。
_______________________________

「公営住宅の入居期限」12月調査結果

関西2府4県の42自治体の公営住宅と、雇用促進住宅の
無償入居の期限を調べました
◎印は3年以上の延長を決定した自治体、
○印は延長の方向で検討中の自治体、
△印は府県の決定や近隣市の動向を見て決める自治体、
×印は延長しないことを決定した自治体です。
※印は「一般入居」に切り替えた自治体などです。
「 」内は担当者のコメントです。

■府県・政令市
大阪府 ○ 「年内に結論を出すべく急ぎます」
大阪市 ◎ (2013年10月15日に延長決定済み)
堺 市 ◎ (2013年5月20日に延長決定済み)
京都府 ◎ (2013年4月に延長決定済み)
京都市 ◎ (2013年4月に延長決定済み)
兵庫県 ◎ (2013年11月26日に延長決定済み)
神戸市 ◎ (2013年10月25日に延長決定済み)
滋賀県 ◎ (2013年12月5日に延長決定済み)
奈良県 ※ (今春「一般入居」に切り換えて無償を継続)
和歌山県◎ (2013年12月10日に延長決定済み)

■大阪府内
東大阪市◎ (2013年11月15日に延長決定済み)
吹田市 ※ (「1年延長」か「一般入居」か選択制にする)
豊中市 ○ 「府からの連絡を待っている」
高槻市 △ 「実務的な決済まで進んでいない」
箕面市 △ 「限りなく○に近い△です」
茨木市 △ 「×ではない」
泉佐野市※ (2013年10月1日付で「一般入居」に切り替え)
岸和田市※ 「他の施策との組み合わせを7月の更新期までに検討」

■京都府内
福知山市○ 「まだ決めていない」

■兵庫県内
明石市 △ 「延長するかどうか未定」
姫路市 ― (2013年11月上旬最後の1世帯が退去)
西宮市 ◎ (2013年11月1日付で延長決定済み)
宝塚市 ○ 「年内に延長できるよう手続き中」
三田市 ◎ (2013年12月12日付で延長決定済み)
豊岡市 ○ 「前向きに県にならって考えます」
伊丹市 △ 「時期も検討中」
淡路市 ○ 「まだ決済もらっていないが○」
篠山市 ― (2015年に更新期むかえる)
丹波市 ― (2013年10月半ばの更新時期を前に9月に退去。0世帯に)
尼崎市 ― (2013年4月12日満了日に退去。0世帯に)
三木市 ◎ (入居時に「5年間無償」に設定済み)

■滋賀県内
高島市 ◎ (2013年12月10日に市長決裁で延長決定済み)
大津市 ○ 「県の延長決定もあったので延長の方向で検討」
草津市 ○ 「いま決済中」
彦根市 ○ 「いま延長の方向で検討中」
栗東市 ○ 「県の決定通り延長の方針」(2世帯は「一般入居」に切り替え)
湖南市 ※ 「今後有償化も検討」(2013年4月に「一般入居」に切換え)

■奈良県内
生駒市 △ 「2014年8月が更新時期なのでその前に検討する」
大和高田市 ― (5月29日に退去。0世帯に)
五條市 △ 「2014年9月が更新時期なのでその前に検討する」
宇陀市 △ 「2014年6月末が更新時期なのでその前に検討する」

■和歌山県内
和歌山市○ 「決定ではないが延長の見通し」

■厚労省主管
雇用促進住宅 ◎(10月22日付で延長通知済み)
       岩手、宮城、福島、茨城、栃木県内からの避難者のみ延長。
       ただし他都県からの避難者は意向があれば有償で入居。
                                以上
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback