L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

福島県弁護士会が福島県全域は放射線量によらず全てを被災者支援法の「支援対象地域」とするようにとの会長声明を出しました

福島県弁護士会が、

福島県全域は、放射線量によらず、全てを
原発事故子ども被災者支援法の「支援対象地域」
とするようにとの会長声明を出しました。

1年半が経過してもなお、約16万人もの福島県民が避難生活をしいられるとともに、
避難の有無にかかわらず福島県内に留まったきわめて多数の福島県民が低線量被ばく
による健康被害や謂れなき差別への不安におびえるなどしながら、困難な生活を余儀
なくされ、いつ終わるともしれない放射能との戦いに直面している。

https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=gmail&attid=0.1&thid=13b2236f6dfa85a5&mt=application/pdf&url=https://mail.google.com/mail/u/0/?ui%3D2%26ik%3Dc3a197c60b%26view%3Datt%26th%3D13b2236f6dfa85a5%26attid%3D0.1%26disp%3Dsafe%26zw&sig=AHIEtbQHK5gV2uojL5YMI8FFvADz0Z7dwA
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback