L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

被災県(宮城・岩手)の住宅支援供与期間の延長(6年→7年)について

_宮城県__________

▼宮城県 応急仮設住宅の供与期間の延長(6年→7年)について

http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/kyouyokikannentyou5-6.html
※災害救助法に基づき延長対象は,被災時に居住していた市町村を基準として判断。

【対象】関西で公営住宅に入居されている方、借上住宅支援を受けて
入居されている方
【入居から7年】例)2011年6月入居→2018年6月まで一律延長
(3市町)石巻市、名取市、女川町
【特定延長を必要とする市町】
(6市町)塩竈市、気仙沼市、多賀城市(継続)、東松島市、山元町(継続)、南三陸町
※上記6市町で被災し、応急仮設住宅を供与されており、下記<要件1,2>のいずれかを満たす方が対象。

<要件1>
災害公営住宅への入居や防災集団移転など、公共事業による自宅の再建先は決まっているが、
工期などの関係から現在決められている入居期間内に応急仮設住宅を退去できない方
<要件2>
公共事業以外で、自宅の再建(再建先・再建時期)は決まっているが、工期などの関係から
現在決められている入居期間内に応急仮設住宅を退去できない方
(ただし、多賀城市及び山元町で被災された方は除きます。)

【入居から6年間で供与終了する市町:3市町】
仙台市、亘理町、七ヶ浜町(※全て特定延長)
【入居から5年間で供与終了する市:2市】
岩沼市、大崎市
【入居から4年間で供与終了している市町村:18市町村】
白石市,角田市,登米市,栗原市,蔵王町,大河原町,村田町,柴田町,丸森町,松島町,
利府町,大和町,大郷町,富谷町,大衡村,加美町,涌谷町及び美里町
【入居から3年間で供与終了している町:3町】七ヶ宿町,川崎町及び色麻町
【問合わせ】宮城県 震災援護室
仙台市青葉区本町三丁目8番1号宮城県行政庁舎11階
Tel:022-211-3257<平日9時~12時・13時~16時30分>
______________
_岩手県__________
応急仮設住宅の供与期間の延長について

http://www.pref.iwate.jp/saiken/sumai/038448.html

【対象】関西で公営住宅に入居されている方、借上住宅支援を受けて
入居されている方
【入居から7年】例)2011年6月入居→2018年6月まで一律延長
(5市町)山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市
【特定延長を必要とする市町】(1市町)宮古市
民間アパートや公営住宅等が一定数確保されており、災害公営住宅等が整備されれば
被災者自ら住居の確保が可能となっている市については、特定の事情のある方に限定して延長。
該当するのは次の1市であり、供与期間内に災害公営住宅等が完成しない等の理由から
入居が完了しない見込みのある方に限定して、入居時期まで延長。
【入居から6年】
(3市村)野田村、奥州市、一関市
【入居から5年】久慈市、岩泉町、田野畑村
【入居から4年】洋野町、普代村、盛岡市、滝沢市、花巻市、北上市、遠野市、二戸市、八幡平市、
雫石町、紫波町、矢巾町、西和賀町、金ヶ崎町、住田町
【入居から3年】葛巻町、岩手町、平泉町、軽米町、九戸村、一戸町
【問合わせ】岩手県 復興局 生活再建課 被災者支援担当
電話番号:019-629-6917

mf
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback