L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「ふるさと喪失」初認定 賠償上積み(毎日新聞 2017年9月22日)

▼ 「ふるさと喪失」初認定 賠償上積み(毎日新聞 2017年9月22日)東京電力福島第1原発事故に伴い福島県から千葉県に避難した18世帯45人が、東電と国に計約28億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、千葉地裁は東電に対し、17世帯42人に支払い済みの賠償金約6億5000万円に上積みして計約3億7600万円を支払うよう命じた。一方、国への請求は退けた。原告は控訴する方針。全国20地裁・支部に起こされた約30...

NHK関西ラジオワイド「県外避難者のみなさんへ」6月29日(月)17時15分〜(666kHz

NHK関西ラジオワイドでは「県外避難者のみなさんへ」6月29日(月)17時15分〜NHKラジオ第1放送の『関西ラジオワイド』(666kHz 月〜木16:00〜18:00)は、前半は・福島県の住宅支援の終了について後半は・今月スタートした「関西家庭訪問プロジェクト」NPO法人「和」さんをゲストに。▼ラジオのない方はらじるらじるでパソコン http://www3.nhk.or.jp/netradio/スマホ(アプリをダウンロード) http://www3.nhk.or.j...

東日本大震災:福島第1原発事故 毎日新聞 2014年10月31日 避難町民の心、つなぎたい 京都の浪江町復興支援員、近畿・北陸など103世帯訪問

毎日新聞 2014年10月31日 避難町民の心、つなぎたい 京都の浪江町復興支援員、近畿・北陸など103世帯訪問福島第1原発事故で福島県浪江町から近畿や北陸などに避難した全103世帯を訪問し、ばらばらになった町民をつなぐ活動をする女性がいる。自身も浪江町から京都市伏見区に避難する町復興支援員の冨川牧江さん(55)だ。10月18日に全戸訪問を終え、約7割に直接会った。「希望者全員が浪江に帰還できるまで見守り...

再生の針路:’14知事選 争点の現場を歩く/5 子育てに不安の避難者 届かぬ放射線情報 /福島 毎日新聞 2014年10月21日

毎日新聞 再生の針路:’14知事選 争点の現場を歩く/5 子育てに不安の避難者 届かぬ放射線情報  ◇相談や支援の窓口、もっと必要 福島市にある自宅の窓際には、水の入ったペットボトルがずらりと並ぶ。「放射線を遮る効果があるとテレビで見てから、試しているんです」。山形市の借り上げ住宅で子供2人と避難生活を送る主婦、誉田(ほんだ)広美さん(33)は月に1回ほど、夫が暮らす福島の我が家に通っている。だが、...

東日本大震災3年半:みなし仮設6割「不安」 県外避難者「供与期間終了したら…」 毎日新聞 2014年09月12日

毎日新聞 東日本大震災3年半:みなし仮設6割「不安」 県外避難者「供与期間終了したら…」 東日本大震災や福島第1原発事故により福島、宮城、岩手3県から全国に避難している県外避難者を対象にした毎日新聞のアンケートで、回答者のほぼ半数が避難先の住居について「不安がある」と答えた。特に、行政が家賃を負担する「みなし仮設住宅」では6割が「不安」と訴えた。みなし仮設の供与期間は原則1年ごとの更新で、「終了する...

毎日新聞 希望新聞:東日本大震災 声・被災者から 2014年10月24日

毎日新聞 希望新聞:東日本大震災 声・被災者から◇住民立場に立つ知事を−−東京電力福島第1原発事故で福島県南相馬市から東京都江東区の東雲(しののめ)住宅に避難している志賀博子さん(82) 「福島を離れて3年半がたち、少しずつ福島が遠くなっているような気がしています。 県知事選でも、ここにいると一人一人がどんな候補なのかなかなか分かりません。顔も見たことのない人に投票するのは抵抗があります。私はもう高齢...

質問なるほドリ:原発賠償の仕組みは?=回答・深津誠 〜毎日新聞 9月14日 東京朝刊 「Q:東電がセンターの和解案を拒否したらどうなるの?」

質問なるほドリ:原発賠償の仕組みは?=回答・深津誠毎日新聞 2014年9月14日 東京朝刊Q 東電がセンターの和解案を拒否したらどうなるの?A つづきはこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://mainichi.jp/shimen/news/20140914ddm003070060000c.html(JY)...

クローズアップ2014:東電、和解案拒否 揺らぐ賠償指針 〜毎日新聞 2014年9月14日 東京朝刊

クローズアップ2014:東電、和解案拒否 揺らぐ賠償指針毎日新聞 2014年9月14日 東京朝刊 避難を余儀なくされた住民たちが申し立てた和解仲介手続き(原発ADR)では、指針策定時には十分考慮されなかった被害が認定される傾向が強まり、東電側が和解案を拒否するケースも出始めた。浪江、2年で186億円増 「原発事故で避難した福島県浪江町民1万5546人の2、3年目の精神的損害については、月10万円の賠償額を...

東日本大震災:震災避難者、二極化 地域になじむ人……その一方で 意識に差、疎外感 宮崎で支援の動き 〜毎日新聞 2014年9月15日 西部朝刊

東日本大震災:震災避難者、二極化 地域になじむ人……その一方で 意識に差、疎外感 宮崎で支援の動き毎日新聞 2014年9月15日 西部朝刊東日本大震災と福島第1原発事故から3年半が経過した。被災地だけでなく、首都圏などから自主避難してきた人たちが今も各地で避難生活を続ける。だが中には、避難先の住民と放射能不安について意識のギャップを感じ、疎外感を抱える人も少なくない。宮崎の支援団体は「地域に定着できた人と、...

東京新聞 2014年8月30日:「放射性廃棄物「持ち帰り」予算化 柏、松戸、流山の3市 」 と報じています。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20140830/CK2014083002000163.html

東京新聞は 2014年8月30日、「放射性廃棄物「持ち帰り」予算化 柏、松戸、流山の3市 」と報じています。http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20140830/CK2014083002000163.html 高濃度の放射性物質を含むごみ焼却灰が、県の手賀沼終末処理場に一時保管されている問題で、柏、松戸、流山の三市は、保管期限の来年三月までに最終処分場が完成しない場合に備え、灰を持ち帰るための費用を一般会計補正予算案に盛り込む方針を...

東京新聞 2014年8月26日は 「原発避難「うつで自殺」 東電に賠償命令 福島地裁」  と報じています。

東京新聞 2014年8月26日は「原発避難「うつで自殺」 東電に賠償命令 福島地裁」 と報じています。 内閣府によると、福島県の震災関連の自殺者は、統計を取り始めた2011年6月から今年7月までに56人。同様に震災で大きな被害を受けた岩手県の30人、宮城県の37人と比べても多く、全国最多だ。福島では11年に10人、12年に13人、13年に23人と、増加傾向が著しい特徴も。と東京新聞は報じています。 http://www.tokyo-np.co.jp/art...

毎日新聞 2014年08月26日 「避難者訴訟:自殺「原発事故が影響」 東電に賠償命令」 と報じています。

毎日新聞 2014年08月26日「避難者訴訟:自殺「原発事故が影響」 東電に賠償命令」と報じています。 福島第1原発事故に伴う避難生活中に自殺した女性の遺族が東京電力に約9100万円の損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁は「自殺と原発事故との間には因果関係がある」と認定、東電に計約4900万円の賠償を命じた。原発事故後の避難住民の自殺を巡り、東電の賠償責任を認めた初の司法判断。はま子さんが避難後に抑うつや食欲減...

毎日新聞は東日本大震災:福島第1原発事故 県に要望書 「放射能健康診断100万人署名」 /福島と報じています。http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20140709ddlk07040008000c.html

東日本大震災:福島第1原発事故 県に要望書 「放射能健康診断100万人署名」 /福島原発事故による県民の健康への影響の調査を国などに求める「放射能健康診断100万人署名運動全国実行委員会」が8日、県に要望書を提出した。実行委には9万2715人分(6月14日現在)の署名が集まっており、今月25日に環境省や復興庁に署名と要望書を提出する予定。と毎日新聞は報じています。http://mainichi.jp/area/fukushima/n...

5月24日付け 東京新聞は「子どもの甲状腺エコー検査 県内自治体初助成」と報じています。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20140524/CK2014052402000149.html

5月24日付け 東京新聞は「子どもの甲状腺エコー検査 県内自治体初助成」と報じています。 千葉県松戸市は六月から、子どもの甲状腺エコー検査の費用助成を始める。福島第一原発事故のヨウ素などによる放射線被ばくで、健康への影響を心配する住民の不安軽減が目的。助成は県内自治体で初めて。原発事故の影響で、松戸を含む千葉県北西部の九市は除染の汚染状況重点調査地域に指定されている。柏、我孫子両市は助成について「松...

福島民報は「仮設住宅入居1年延長 県が発表28年3月末まで」と報じています。福島民報 http://www.minpo.jp/news/detail/2014052915970

5月29日付け 福島民報は「仮設住宅入居1年延長 県が発表28年3月末まで」と報じています。 福島県は28日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う被災者が暮らす仮設住宅(借り上げ住宅を含む)の入居期間について、平成28年3月末まで1年間延長すると発表した。県は災害公営住宅の整備計画や避難の長期化を踏まえ、1年間の延長を国と協議してきた。延長は3回目。と報じています。福島民報 http://www.minpo.jp/n...

6月5日付け 福島民友は「浪江の避難者がまた孤独死 二本松の仮設で74歳男性」と報じています。福島民友 http://www.minyu-net.com/news/news/0605/news2.html

6月5日付け 福島民友は「浪江の避難者がまた孤独死 二本松の仮設で74歳男性」と報じています。 二本松市の運動広場仮設住宅で、浪江町から避難する無職男性(74)が孤独死分かった。同町民の孤独死が見つかったのは、3日の本宮市の仮設住宅に続き2日連続。 男性は家族と別々に避難していた。自宅の周りを散歩するなど、体は丈夫だったという。孤独死を受け、自治会役員と町、町社会福祉協議会は4日午後、緊急の会議を開き...

東日本大震災:被災地の貧困「女性が深刻化」研究者が報告 毎日新聞 2014年04月23日

東日本大震災被災地の支援団体や研究者が現地の貧困問題を報告する「震災から3年被災地の生活困窮者支援を考える」(実行委主催)が23日、東京都千代田区の参院議員会館であった。福島大の丹波史紀准教授が基調講演し「被災地の女性の失業が深刻化している」と指摘。福島の子供や母親の支援を行ってきたNPOなどが、アンケートから被災地で求められている支援などについて報告した。また、福島で子供、若者の支援を行う「ビー...

「岡山への避難増加中」2013年6月16日付の朝日新聞が報道 「災害少ない」「原発ない」:官民でサポート 岡山市は保育料免除も

2013年6月16日付の朝日新聞大阪本社版朝刊は、1面に「岡山への避難増加中」という見出しで記事を掲載しています。東日本大震災後、被災地などから岡山県に避難、移住する人が増え続けている。他の都道府県は横ばいや微減傾向だが、岡山への避難者は5月までの1年間で約2割増え、西日本では大阪や兵庫など都市圏の府県に迫る。とグラフ付きで報じています。県が東京で開いた移住相談会で、なぜ岡山を希望するかアンケート...

年末ご協力いただいた「意向調査」の結果が3月5日(火)の産經新聞朝刊で公開

年末ご協力いただいた「意向調査」の結果が3月5日(火)の産經新聞朝刊で公開離婚か、帰るか…県外避難者さいなむ夫婦間の溝http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130305/waf13030507390000-n1.htm 追い詰められる母親たち…母子避難の厳しい現実http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130305/waf13030509210004-n1.htm 報道や新聞に掲載されなければ、忘れ去られて行く、それは阪神淡路大震災でも起こりました...

京都府内避難者の永住希望33%…府が就労支援強化へ (2012年9月16日 読売新聞)

京都府内避難者の永住希望33%…府が就労支援強化へ 東日本大震災に伴う京都府内への避難者支援に取り組む府やNPOなどの会合が開かれ初めての避難者向けアンケート結果が公表された。3割以上が府内への永住を希望していることや「身近に相談できる相手がいない」という不安な気持ちなど、避難者の思いが明らかになった。 アンケートは184世帯が回答(回答率44%)した。福島県からの避難者73%、34%は母子家庭だっ...

「東電には事故前の生活返してほしい」賠償求め集団申し立て 京の避難者仲介機関に 京都新聞7月3日朝刊

「東電には事故前の生活返してほしい」賠償求め集団申し立て京の避難者 仲介機関に 京都新聞7月3日朝刊 東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県内から避難している京都府内などの家族6世帯21人が2日、東電との賠償交渉の和解仲介機関「原子力損害賠償紛争解決センター」(東京都)に仲介申請の集団申し立てを行った。 申し立てたのは、警戒区域からの避難家族3世帯4人と自主避難の3世帯17人。避難生活にかかった費用や休業損害、...

京都で民間の食品放射能測定所 5月20日に開設

京都で民間の食品放射能測定所 5月20日に開設 5月20日にオープンする、食品の放射能を調べる民間の「京都・市民放射能測定所」について、各メディアが報じています。持ち込み検査は予約制で、1回5000円。年会費5000円を支払った会員は1回無料で、2回目以降3000円。問い合わせ、予約は同事務局TEL075(622)9870。 京都新聞は、自主検査は当面、菓子などの加工品と魚介類を中心に行う。4月からの試験測定で関西圏の野菜はほ...

県外避難者も18歳以下医療費無料 福島県

福島県の18歳以下医療費無料、県外避難者も対象福島県が独自に実施する18歳以下の医療費無料化の実施が、5月14日の県子育て支援推進本部会議で正式に決まりました。2012年10月1日から約36万人を対象に実施されます。県議会6月定例会に関連予算案を提出します。読売新聞福島県版電子版が伝えたところでは、福島県によると、県外に避難している18歳未満の県民は4月1日時点で約1万7800人。避難先で受診した...

関西の県外避難者 東電に賠償集団申し立て

関西の県外避難者 東電に賠償集団申し立て2012年05月07日の毎日新聞などが伝えたところによりますと、福島県などから関西3件に避難・移住している8世帯25人が5月7日、東京電力に計約2億5460万円の賠償を求め、公的仲介機関「原子力損害賠償紛争解決センター」に和解仲介手続きの申立書を発送しました。弁護団によると、関西での大規模な集団申し立ては初めてという。申し立てたのは、福島県郡山市やいわき市などから大...